UI/UXデザイン

ペルソナ設定、カスタマージャーニーマップを複数作成しながら、ターゲットユーザー像を明確にし UI/UXデザインを行います。

そもそもUIとUXとは?

 

スマートフォンでゲームやWebサイトを見ていると思いますが、それぞれボタンやタップ(クリック)後に遷移する

ページなど レイアウトされた情報や機能そのものを UI(User Interfae:ユーザーインターフェイス)と言います。

これに対して

通勤中、食事中、お仕事にスマートフォンをいじっている時のことを想像してください。

簡単に言ってしまうと、UXは様々なシチュエーションで PC、タブレット、スマートフォンを通してアプリサイトを使って学んで便利とか情報を得られて嬉しかったなどの”体験”して何かを感じることを指しています。

UX(User Experience:ユーザーエクスペリエンス) = ユーザー体験 とも言われています。

UI/UXデザインは ユーザーの利用体験もデザインする

UI/UXデザインをサイト立ち上げ、サイトリニューアル時に行うと

1.集客・成約率向上の為のグロースハックが容易になる

2.効果の高い広告を打つための施策が打ちやすくなる

3.PDCAが回しやすくなる

結果、Webサイトの運用、施策がどの程度 売り上げ貢献出来たかを数値化しやすくなります。

見た目の綺麗さや派手さだけではない、 ユーザーの置かれているシチュエーションや求める情報

を仮説検証を行ったうえでデザインしていくこと。それがUI/UXデザインと言えるでしょう。

失敗するWebサイト制作とは

Webサイトを公開するまでを目的とするか?

Webサイト公開後の運用で 集客率・成約率を上げることを目的とするか?

お客様の考えはどちらでしょうか?

ほとんどのお客様は、「Webサイトを公開するまで」と答えるのですが

「今は、サイトが出来上がることが優先」

「出来上がってからのことまで今は考えられない」

「サイトが出来上がっていないと、運用のことまで想像できない」

など、いろいろな理由で公開後の運用までを設計に入れることができずに デザインテイストやメニュー、コンテンツについての

議論に終始してしまいます。こういったサイト制作は ほとんど目的を見失ったまま「失敗します」

ControlBoxでは500以上のプロジェクト立ち上げと成長を支えたUI/UXデザイナーとエンジニアがお客様のビジネスモデルにあった最適なご提案をさせて頂きます。

デザイナー2名+フロントエンジニア3名+SE2名の計7名のチームでサポートします。