WordPress OGP設定書き方

今回は、Facebookに投稿する際にサイトのイメージが綺麗されて説明文も意図したものが出る様にするためにはOGP設定が必要になります。

ちなみにControlBoxのURLをいれるとこんな感じになります。

これが、OGP設定してないとこんな感じになってしまいます。

 

かなり残念な感じです。

ではどんな風に設定するかを解説していきます。

初めに、トップページと投稿記事で記述を見分けてもらうおまじない。

OGPタグの本体を丸っと入れていきます。

①FacebookのアプリIDに入れてください。

②FacebookページのURL

③画像のURL(フルパス)

*OGP用の画像サイズは「1200×630px」が推奨です。

以上ほとんどコピペで済んでしまうくらい簡単です。プラグイン導入すると簡単ですが、プラグインが干渉しあって表示に問題が出る場合も多々あるので基本的な仕組みを知っておくと問題が起こったときに問題の切り分けがしやすくなります。お試しください。