WordPress カスタム投稿タイプ導入方法

カスタム投稿タイプを使用して運用をやり易くしていきます。こんかいは導入のところからご案内いたします。 導入にあたって、1.WordPressを使っていて特定のカテゴリだけレイアウトを変えたい2.WordPressで構築したサイトで クライアント様が記事のカテゴリーを分けるのが難しいと感じている場合にこの「カスタム投稿」で諸々解決いたします。 色々使えてしまうのですが、ここでは 単純に特定のカテゴリだけを投稿するための機能を実装します。

目的

カスタム投稿タイプを使ってWordPress標準の「投稿」とは別の独立したブログコンテンツを作成する

プラグイン導入

WordPress カスタム投稿プラグイン「Custom Post Type UI」を使用

導入手順

WordPress管理画面 → プラグイン → 新規追加 → 「プラグインの検索」Custom Post Type UI を検索 → インストール → 「有効」にする 管理画面のメニューに「CPT UI」と出ていればインストール&有効になっている状態です。

設定例

今回は、事例としてControlBoxのトップページスライダー用の記事登録してみました。 1.投稿タイプスラッグ:service_article 2.複数形のラベル:SERVICES 3.単数形のラベル:SERVICE 4.メニューアイコン:アイコンのフルパスを入力(必須ではない)

記事の表示方法

1.「投稿タイプを表示」タブをクリック(タップ) 2.テンプレートの階層で、個別ページのファイル名を確認して無い場合は作成する 特に、今回の対象個別ページは別途作成する必要があるので確認するとsingle-service_article.php となっている

WordPressソース記述例

重要なのは

の部分でそれ以下は通常の投稿表示と変わりません。 表示を確認してみましょう。 綺麗に表示できました。 非常に簡単に実装出来るので、是非お試しください。