メテオフォール型開発を回避する為には

プロジェクト契約の前に注意すべきことは
・要件定義
・コンテンツボリューム
・スケジュール
・承認フローの整理
・イレギュラーの解決フロー確認
 → 仕様変更した場合の予算追加
 → 仕様変更した場合にスケジュールの変更

などなど、事前に決めておけばメテオフォール型開発には陥らない。。。はずであるが
事前に決めていたとしても、反故にされるケースが無いわけではない。
なので、契約書にはそういった事も明記しておくとリスクは軽減されるのではないでしょうか。

AI(人工知能)ベンチャーのトライエッティング(愛知県名古屋市)の長江祐樹社長は神様降臨(2人)とメテオ発動、その後の対応までを、3月5日に開催されたAIイベント「SIX 2019」で同社が体験した“大炎上プロジェクト”の経験を振り返った記事をご紹介します。